5th 3月 2009, by 上野家 ぱん駄, filed in 連作駄洒落
1 Comment

ほっとけい (時計)

【解説】
 一日の始まりはいやなものである。起きたくない、行きたくない、どうしようもない。そんなあなたの密かな願望を表した一作です。
 本当は、そんなことを考えずに目が覚めると今日も一日生きるのが楽しいなぁ(^0^)と思える毎日をすごすのが一番なのですけどね。

 ちなみに、この駄洒落は ほっとけ と 時計 をかけています。ほっとけい と聞いて HOT時計(暖かい時計)と勘違いしないようにしてくださいね。たまに、ニュートンが ゆで卵と間違えて目覚まし時計をゆでたという故事に引っ掛けた駄洒落と勘違いする人がいるのです。
 私見ですが、私はその逸話は事実ではないと思っています。なぜなら、目覚ましと卵は重さが全然違う。目覚まし時計は丸くない。目覚まし時計には殻がない。そしてなによりも 目覚まし時計は食べられない からです。

 

1件のコメント

  1. ニシゴン
    05/03/2009

    あるとき、枕元にあるはずの目覚まし時計がなくなったという怪事件が発生しました。
    現在も未解決です。解けないミステリー(=時計無いミステリー)。

Leave a Reply