5th 3月 2009, by 火星 紳士, filed in 勝手に読み解く世界の名作
No Comments

こんにちは、火星紳士と申します。

まだ読んだことのない人の為に、または、手っ取り早く長いお話を知ったかぶりしたい方の為に、薄っすらとした記憶で綴る、世界の名作。を勝手に要約。

(間違えて覚えている所多数あり、正解は本物を読んでね)

では、まず最初に。小説といえばこれでしょう。

—————-

夏目漱石。「我輩は猫である」

———–

えー、これはまず、猫が威張ります。タイトルからもわかるとおり「我輩」と、なんだか大きくでできます。これはもともと、冒頭の一文だったわけですが、こっちの方が良いということになって、タイトルに昇格しました。もとは「猫」といったそうです。

———–

つづく。

Leave a Reply