8th 3月 2009, by 上野家 ぱん駄, filed in 連作駄洒落
1 Comment

 52 -> ごじゅうに -> ご自由に

【解説】
 52歳は自由な年なのだろうか。正直に言えば引きずった重みから、過去の考えにとらわれ自由を忘れてしまう年なのかもしれない。そんな中年のみなさまの心臓を直撃する駄洒落がこれです。
 数字と自由という概念を結びつけたかなり高度な駄洒落です。この駄洒落を披露したとき一緒にいた52歳の人は大変喜んで、そのあとは何かと言うと「ご自由にどうぞ、わたしは53 がはははは」とやたらめったら言い続けてかなり顰蹙を買っていました。いくら良い駄洒落でも言いすぎは駄目みたいですね。
 あとから知人から、12歳も じゅうに なので 自由に となりますね と指摘されました。12さいと 52歳。 「ご」の一文字で、残された未来がこんなに違うのかと感慨に浸ってしまいました。  
 みなさん いつまでも若く生きていましょうね(って これが年寄りくさい言葉ですね)

1件のコメント

  1. ニシゴン
    08/03/2009

    49歳を過ぎると、始終臭いそうです!

Leave a Reply