9th 3月 2009, by 上野家 ぱん駄, filed in 連作駄洒落
3 Comments

落花生 -> らっかせい -> らっ火星 ・・・・

【解説】
  ついに駄洒落も宇宙的な規模になったかと思うと、己の精神世界の広大さにあきれるばかりです。星空を見ながらも駄洒落を考えている私ってなんてロマンチックなのでしょうか。
 落花生をむくとピーナッツになると言うのも不思議ですね。落花生の皮の部分が ”らっか” で ”せい” が実の部分でしょうか。そういえば、昔軍隊に「らっかせいぶたい」ってありましたね。ああ、あれは落下傘部隊でしたっけ。
 
今回、一緒に本を出す一人は火星さんと言いますが、イカは良く食べるみたいですがそんなにピーナッツが好きなように見えません。私のほうが好きみたいです。

3件のコメント

  1. ニシゴン
    09/03/2009

    当方、若かりし頃のザ☆ピーナッツのファンです(嘘)!

    火星の駄洒落、マーズマズ(=Mars)の出来ですね。

  2. ニシゴン
    09/03/2009

    火星に「落ち」が付いて、落花生...

  3. ニシゴン
    09/03/2009

    どうやら、駄洒落の神が光臨してしまった様です。火星駄洒落が止まりません。

    火星人の妻を家政婦と言います
    火星人は味方に付けると心強い。加勢してくれるから。
    火星人の勤め先は旭化成
    火星人はモノを借りるとき、「貸せい!」と迫ってくる。

Leave a Reply