著作者の近況など

10th 5月 2011, by ちとく, filed in イベント・出没情報, 著作者の近況など
No Comments

連休前、復興書店に5冊追加したにも関わらず、在庫表示を確認できないまま完売となってしまって、楽しみにしていただいた皆様におかれましては誠に申し訳ございません。。。売れっ子みたいなセリフですが(笑)、現在の復興書店では、どなたの本もほぼ日ごと売り切れの様子。手持ちの在庫は無くなってしまったので、今後別の方策を講じたいと思います。

ところで、5月4日の連休中、いわき市小名浜にてボランティア作業に従事、さらりとご報告いたします。

経緯と内容は、同行したワンゲル先輩のブログをご参照いただきたく。。。『火星パンダちとく文学』にも感想をいただいたことがあります。

また、小名浜地区災害ボランティアセンターのホームページには、当日の活動報告ページがあって、おそらく私の作業画像?が掲載されております♪といっても、本人ですら疑わしいほど小さいです。(一番下の画像の右から二人目、タオルかぶって腰を折っているのが私と思われ…)

それから具体的な場所はこのGoogleマップの中央、片仮名の「フ」みたいな形の田んぼです。

以上、リンクばかりのボランティア報告でした。。。

21st 4月 2011, by ちとく, filed in 著作者の近況など
No Comments

今月19日から、被災地復興支援のWEB書店「復興書店」で、サイン&ポストカード付き『火星パンダちとく文学』の発売となりましたが、20日夜には提供した10冊が全て売れた模様。。。

おかげさまで、微力ながらの復興支援が出来ました。他にもたくさんの良本が提供されている同書店にて、わざわざ『火星パンダちとく文学』を購入頂いた皆様におかれましても、復興支援のご協力まことにありがとうございました。

現在、書籍ページの表示は無くなってしまいましたが、作家一覧のページに著者写真付きでコメント掲載いただいています。本の追加についても、諸々検討中。どうしても「復興書店」プレミア版が欲しい方(笑)いらっしゃいましたら、早目にご連絡ください♪

16th 4月 2011, by administrator, filed in 著作者の近況など
No Comments
復興書店

復興書店

かの島田雅彦氏主催のチャリティWEB書店「復興書店」が開店しました。『火星パンダちとく文学』も参加したのですが、今回は代表ちとくということで(笑)
手元に残っていた10冊にちとくメッセージ(謎)と特製ポストカードを添えてご提供。売上はコストを引いて義援金や支援金になりますので、一冊と言わず何冊でも買っていただきたい所存です。
Amazonの調子から考えると、飛ぶように売れる気は殆どないけど、本の追加が必要なくらい売れたら、次回はぱん駄さんや火星さんのメッセージも添えますので。。。

てゆうか、集まった著名人のサイン本がいっぱい。。。私はどちらかというと、買い手興味100%なかんじで。。。

29th 3月 2011, by ちとく, filed in 著作者の近況など
No Comments

◆東北関東の震災については全面的に我らが編集者村松恒平氏のツイートを支持します。

最近Amazonランク80万位を下回り、キャプチャも面倒くさくなっていたのですが、ここ数週間で70万位台に戻っており、気のせい気のせいと顧みなかったのですが、なぜかキープしていたりして(笑)。最近色々個人的にも世間的にも様々な出来事があったから。。。

まずは「復興書店」のこと。かの島田雅彦氏の呼び掛けで、多くの作家さん方がチャリティとして自著在庫を提供しています。我ら火星パンダちとくももちろん。。。と意気込んだのでしたが、集まる方々がちゃんとした著作家ばかりで尻ごみしているのです。いずれ、エイヤで『火星パンダちとく文学』も出品いたします。詳細はリンクをご覧ください。

あと、石!等サイトの端っこにも画像を引っ張ってきてますが、私のFacebookで海外の石アート?の方々からたくさんのコメントいただいたり、お友達になっていただいたり。。。Google翻訳大活躍です(笑)。

ひとまず今日はこの辺で。

30th 1月 2011, by ちとく, filed in 著作者の近況など
1 Comment

『ほとんどすべての人のための《神様学》入門』私たちの相談役兼編集者、村松恒平氏の『ほとんどすべての人のための《神様学》入門』が、電子書籍化されてEPUB版として復活したのです。

絶版となって以来PDF版として読み継がれてきた幻の名著、PDFも電子書籍には違いないけど、EPUB版では、若干の誤植修正のほか、書籍冒頭の導入部分もノーカット収録。その導入部分は無料立ち読み可能!

というわけで、上記EPUB版はOfficeChitoku制作、火星パンダちとく文学も、いずれ。。。