連作駄洒落

9th 3月 2009, by 上野家 ぱん駄, filed in 連作駄洒落
3 Comments

落花生 -> らっかせい -> らっ火星 ・・・・

【解説】
  ついに駄洒落も宇宙的な規模になったかと思うと、己の精神世界の広大さにあきれるばかりです。星空を見ながらも駄洒落を考えている私ってなんてロマンチックなのでしょうか。
 落花生をむくとピーナッツになると言うのも不思議ですね。落花生の皮の部分が ”らっか” で ”せい” が実の部分でしょうか。そういえば、昔軍隊に「らっかせいぶたい」ってありましたね。ああ、あれは落下傘部隊でしたっけ。
 
今回、一緒に本を出す一人は火星さんと言いますが、イカは良く食べるみたいですがそんなにピーナッツが好きなように見えません。私のほうが好きみたいです。

8th 3月 2009, by 上野家 ぱん駄, filed in 連作駄洒落
1 Comment

 52 -> ごじゅうに -> ご自由に

【解説】
 52歳は自由な年なのだろうか。正直に言えば引きずった重みから、過去の考えにとらわれ自由を忘れてしまう年なのかもしれない。そんな中年のみなさまの心臓を直撃する駄洒落がこれです。
 数字と自由という概念を結びつけたかなり高度な駄洒落です。この駄洒落を披露したとき一緒にいた52歳の人は大変喜んで、そのあとは何かと言うと「ご自由にどうぞ、わたしは53 がはははは」とやたらめったら言い続けてかなり顰蹙を買っていました。いくら良い駄洒落でも言いすぎは駄目みたいですね。
 あとから知人から、12歳も じゅうに なので 自由に となりますね と指摘されました。12さいと 52歳。 「ご」の一文字で、残された未来がこんなに違うのかと感慨に浸ってしまいました。  
 みなさん いつまでも若く生きていましょうね(って これが年寄りくさい言葉ですね)

7th 3月 2009, by 上野家 ぱん駄, filed in 連作駄洒落
1 Comment

わたしが代弁(大便)しました。

【解説】
 ・・・・・・

6th 3月 2009, by ちとく, filed in 連作駄洒落
1 Comment

まくら駄洒落のせいで、あたまクラクラ…

5th 3月 2009, by 上野家 ぱん駄, filed in 連作駄洒落
1 Comment

ほっとけい (時計)

【解説】
 一日の始まりはいやなものである。起きたくない、行きたくない、どうしようもない。そんなあなたの密かな願望を表した一作です。
 本当は、そんなことを考えずに目が覚めると今日も一日生きるのが楽しいなぁ(^0^)と思える毎日をすごすのが一番なのですけどね。

 ちなみに、この駄洒落は ほっとけ と 時計 をかけています。ほっとけい と聞いて HOT時計(暖かい時計)と勘違いしないようにしてくださいね。たまに、ニュートンが ゆで卵と間違えて目覚まし時計をゆでたという故事に引っ掛けた駄洒落と勘違いする人がいるのです。
 私見ですが、私はその逸話は事実ではないと思っています。なぜなら、目覚ましと卵は重さが全然違う。目覚まし時計は丸くない。目覚まし時計には殻がない。そしてなによりも 目覚まし時計は食べられない からです。